ニュースリリースvol.116
2019(平成31)年3月25日

UFIアジアパシフィックコンファレンス2019
過去最大の参加者数で盛況のうちに閉幕!

 

株式会社東京ビッグサイトはUFI(国際見本市連盟)と共催で、3月14日(木)と15日(金)の2日間、 「UFIアジアパシフィックコンファレンス2019」を東京ビッグサイト会議棟にて開催しました。このコンファレンスは世界各国のUFI会員及び展示会業界関係者を対象に毎年、アジア・太平洋地域内で行われており、日本では今回初の開催となりました。

コンファレンスは「未来を見据えて-Facing the future」のテーマの下、世界22か国・地域から過去最高の317人(うち日本82名)が参加し、日本を代表する建築家・隈研吾氏による基調講演をはじめ、各業界のキーパーソンによる「IR」「イベントのフェスティバル化」「人材育成」「デジタル化」など、展示会業界が直面する様々なテーマによる講演やパネルディスカッションが展開されました。

また、プログラムの合間には多くのネットワーキングの機会が設けられ、参加者である国内外の展示会場、主催者、パートナー企業間の積極的な交流が行われました。
次回開催は、2020年3月3日から6日までマカオで開催予定です。



UFI アジアパシフィックコンファレンス2019 開催概要
主催:UFI(国際見本市連盟)
共催:株式会社東京ビッグサイト
後援:経済産業省、観光庁、東京都、(独)日本貿易振興機構、(財)東京観光財団、
   (一社)日本展示会協会
会場:東京ビッグサイト会議棟1F レセプションホール他
参加者数:317名
参加国・地域:22(日本、中国、韓国、台湾、香港、マカオ、タイ、シンガポール、マレーシア、オーストラリア、カタール、U.A.E、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、米国等)


(クリックで拡大)


ニュースリリースの発行元
株式会社東京ビッグサイト 総務部企画広報課
TEL:03-5530-1113 FAX:03-5530-1222 問合せフォーム